防犯カメラは防犯つまり犯罪を防止するためのカメラです。このカメラは今では2つの目的があります。1つは基本通りに犯罪を抑止するため、もう1つは犯人を捕まえるためのカメラとなります。その場合2通りのカメラの選別と設置が必要になります。前者の防犯を目的とする場合は堂々と見せつけて監視させられてることをアピールしないとなりません。しかし後者の場合は秘匿した場所に設置して存在を隠さないとなりません。その場合は小型の例えばペンとかなどのアイテムなどにカモフラージュしたカメラなどがありますし、壁の中に埋め込むなどしたりするカメラもあります。ただいずれにしても大事なのはその映像を録画保存するハードディスクやサーバー、そしてそれをモニターする画面となります。ですがこれらの機器類を設置したらそれで終わりではありません。最後は確認する人間となります。録画した映像、あるいはライブの映像はモニターを介して人間が随時確認をしないとなりません。そうしないと気付かないところで犯罪が行われているかもしれません。そこで1つの注意するべきことが出てきます。それは防犯カメラはたくさん設置すればいいというわけではありません。たくさん設置をすればするほどそれを監視する人間の手間と時間が増えることに気が付かないとなりません。そのため防犯カメラを運用する場合は機器の経費だけでなく人間の経費の増加も視野に入れなければなりません。

お店で使う防犯カメラの利点と欠点

防犯カメラの利点は、お店で万引きを防ぐ抑止効果があります。店内に防犯カメラがありますと書かれていると、いつも見られていると思って万引きをするのを抑える事が出来ます。また、万引きをした証拠としても使う事が出来ます。お客様がやっていないと言っても、カメラに記録したデータを見せたら観念するパターンが多いです。警察に引き渡す時も証拠のVTRを渡せば良いです。欠点は、映像が見づらい時があります。特に夜だとカメラの精度が落ちるので、誰だか解らなかったり、マスクやヘルメットなどを付けられるとさらに、解らない時があります。そして、常にカメラを動かしているので、電気代などの経費が掛りますし、複数のカメラを付けないといけないので、初期費用も高くなります。防犯カメラの利点と欠点を良く考慮してから、お店で使うかどうかを決めた方が良いです。

防犯対策に防犯カメラを

普段生活をしている中でニュースなどで事件などが起こった時に怖いと感じ、防犯対策をどうするか考えることも多いです。外から人の目が届かないところや時間帯により人通りがなくたってしまったりすると、どこから泥棒が入ってくるかわかりません。防犯対策にセンサー付きのライトを設置しても効果があるのかわからないこともあります。そんな時に便利なものが防犯カメラになります。家の玄関の前や車庫の入口、死角になっている場所などに設置することで犯罪者の行動を抑制する働きがあります。防犯カメラと言っても外に設置するものは雨などに濡れても大丈夫なように防水の物を用意しましょう。またカメラを設置したいけれど費用をかけたくないという人はダミーカメラの設置でも効果があります。しかしダミーカメラは偽物とわかりやすい物もあるため、作りがしっかりしたものを選びましょう。