オーダーメイドでのクリスマス用の花のデザイン全般について

オーダーメイドは余程高級な行事にする以外は不要

これは社会的地位あるいはお仕事などの事情によって、クリスマス自体を豪華あるいは高級仕様としての行事の形でやっていきたいという方の場合には、模型フラワー類などを様々な構造でかつ、高品質な素材を用いて、造花仕様で製作をしたり、高級な生きた植物の花をプロのフラワーデザイナーの先生へ頼んで製作をしてもらう等々、高額なお金を賭けてオーダーをされたりする方も存在したりしています。その上デザインなども、そのプロの専門家であるフラワーデザイナーである先生やそのお弟子さんであるスタッフの方などが、直接携わったりしますので、その分、高級なクリスマス・フラワーの製作がなされていくといった形になりますので、そうした面でも手作業での製作になる以上、高価なオーダー見積もりになる事は当然と言えます。ただし、こうしたものは、お金持ちや収益のある大手諸企業の経営者幹部クラス、収入状態が良い一部の芸能人・著名人である方などに見られるようなオーダーの形と言えるものですので、大して多くは無いようなケースでもあります。しかし、クリスマス自体を自分達の地位の権威を世に見せたりしていくためにも、こうした形でのオーダーはこれからも有り続けていくような感じがします。

一般庶民向けのオーダーメイドの有無

先にも話したような、社会の上層階層にいる人々だけには限らず、ごく一般的な人々である庶民層の方々向きであるオーダーなども、もちろん存在しています。その代わり、手作業からなるものでは無くて、予めある程度大量生産をされているパーツを業者が依頼を受けて組み立てて、造花などの形で、店頭とかで手渡していくというような形態のものが少なくはありません。そしてデザインなども、素からの手作りでのものとは異なり、一般的に幾つか指定をされたものの中から依頼者が選択をしていくというような形ですので、それだけにバリエーションの数が限定をされていくところは否めません。

これからの同行事向きのフラワーのあり方

基本的に、オーダーメイドで製作をしていく形には変わりがありませんので、その分、今後もその時代に合った、新たな製作ニーズのものとかが出て来る事には間違いはありません。そして、現在幸いな事に、ネット社会になっている通信インフラ環境の整備がかなりなされていて、そのおかげで著しいコンピューターOS開発やその発展、3Dプリンターの登場とかもあって、それでまた新たなデザインや構造などからなるものが開発をされていく可能性があります。これからどうなるかは実際にはわかりませんが、様々な、新たなフラワースタイルが生まれる事は確実です。